家賃収入を得る

リロケーションで家賃収入として儲けることを考えている人もいます。例えばワンルームマンションや親の資産の家などで家賃収入を得ようと考えている人の場合。そしてずっと賃貸物件にせず、自分や子供がいずれ住みたいという希望を持っている場合。特に不動産に詳しくない人は、管理を任せられるリロケーションはおすすめです。

確かにリロケーションを使うと家賃が安くなり、リロケーション代もかかります。しかし長い目でみるとやはり自分たちが使うのであれば、絶対にリロケーションを利用した方が安心です。さまざまな気苦労がなく家賃収入を得ることができます。そういう意味ではリロケーションの利用は女性一人でも安心して家賃収入を得る方法としておすすめです。

またワンルームマンションなどを販売している不動産会社では、リロケーション部門を持ち、そことの連携でリロケーションを組み込んで販売している場合もあります。家賃収入を得ながら最終的に自分が住みたいときにはトラブルなく住むことができます。やはり賃貸から住居にしようとすると、トラブルはつきもの。安心した家賃収入を得るなら、初めからこのようなリロケーションが組まれた物件を購入することもおすすめです。

サービスの確認

リロケーションを使うに当たって、やはりしっかり確認しておく必要のあることもあります。多くの利用者が転勤で自宅を貸すという場合ですが、やはり転勤で急に戻ることになる場合も。そんなときのために最短どのぐらいの期間で立ち退いてもらえるのかをチェックしておきましょう。

例えば急に1ヶ月以内に転勤が決まって戻ることになった場合、そこからすぐにリロケーションに連絡してから、何ヶ月の間に立ち退いてもらえるかということになります。もともとこのようなことも想定して、その分低家賃で貸しているので立ち退いてもらうことが可能です。ほとんどの場合は立ち退きの連絡を借り主に伝えてから半年と場合が多いようです。この場合、半年間貸し主は他の家を借りることになりますが、それもリロケーションを利用すれば安く利用できるのです。

お互いにリロケーションを利用している人同士の利用も便利でお得というメリットもあります。もちろんどの程度まえのサービスかはリロケーション業者によっても違い、また契約によっても違うので、契約のときにどの程度のサービスを期待するかを考えて契約します。またいろいろなトラブルを想定して、それぞれの責任の所在もきちんとチェックしておきましょう。

会社選びについて

リロケーションを利用したいと思ったときに、リロケーション会社を選ぶことになります。今は専門業者も多くなりどのリロケーション会社を選べばいいか分からないところも。そんなときにはやはりスピード感のある会社がおすすめです。1ヶ月でも家賃が発生するので、早速住居者募集などに動いてくれることが絶対条件と言えるでしょう。

またこちらの希望を聞いてくれる会社も大切です。例えば小さい子供のたくさんいる家族の入居者はあまり好まないという人は、それをしっかり伝えることも大切です。またその人によっていろいろな条件をつけたい場合もあります。それぞれに事情を抱えている場合もあるので、その辺の相談にしっかり乗ってくれる会社を選びましょう。

またリロケーション会社では査定も出してくれるので、幾つかのリロケーションに相談してみるといいでしょう。査定結果や相談のしやすさ、また担当者によってもだいぶ違ってくることもあるので、相性の良い担当者などチェックするためにも査定を出してもらうことをおすすめします。やはり努力を惜しまない担当者は結果が違ってきます。そのため知り合いが利用したことがあれば、紹介してもらうのも1つの手段とも言えそうです。

関連HP<マンション貸す.com|無料一括査定でマンションを高く貸す!>

リロケーションとは

リロケーションとはリロケーションサービスを行う業者のことを指します。特にサラリーマンなどが転勤するときなど自宅を留守にせず、人に貸すときなどの管理を任せることのできるサービスです。不動産の貸し借りは賃借人の居座りなどいろいろなトラブルがありますが、リロケーションサービスを利用するとトラブルが起こらないように、法律的にもきちんと不動産を守ってくれます。また賃借人の募集などの業務から管理まで行うサービスです。

特に転勤などで戻ってくる場合はしっかり自宅を人に貸し、戻ってくるときにはきちんと出ていってもらうことができます。もちろんリロケーションサービスを使うことで、家賃の数割がリロケーションのサービス代となるので家賃収入は減ることに。しかしさまざまなことを考えると、安全に不動産を守るために是非利用したいサービスです。

またサラリーマンの転勤だけでなく、親の家を受け継いだ人などもリロケーションサービスを使っています。どうしても長年住み続けた賃借人の権利は強いため、なかなか出ていってもらえないということにも。結局保証金を払ったら今まで数年の賃貸料が、ゼロになってしまったということも。このようなことを防ぐためにも単純に不動産屋を通すだけでなく、リロケーションでしっかり守ることがおすすめなのです。

リロケーションがアメリカから日本に入ってきたときには、まだまだ大手不動産会社の一部門としてスタートしましたが、今ではリロケーションの専門業者なども多数あります。自分の財産を守るためにも上手に利用するといいのではないでしょうか。