サービスの確認

リロケーションを使うに当たって、やはりしっかり確認しておく必要のあることもあります。多くの利用者が転勤で自宅を貸すという場合ですが、やはり転勤で急に戻ることになる場合も。そんなときのために最短どのぐらいの期間で立ち退いてもらえるのかをチェックしておきましょう。

例えば急に1ヶ月以内に転勤が決まって戻ることになった場合、そこからすぐにリロケーションに連絡してから、何ヶ月の間に立ち退いてもらえるかということになります。もともとこのようなことも想定して、その分低家賃で貸しているので立ち退いてもらうことが可能です。ほとんどの場合は立ち退きの連絡を借り主に伝えてから半年と場合が多いようです。この場合、半年間貸し主は他の家を借りることになりますが、それもリロケーションを利用すれば安く利用できるのです。

お互いにリロケーションを利用している人同士の利用も便利でお得というメリットもあります。もちろんどの程度まえのサービスかはリロケーション業者によっても違い、また契約によっても違うので、契約のときにどの程度のサービスを期待するかを考えて契約します。またいろいろなトラブルを想定して、それぞれの責任の所在もきちんとチェックしておきましょう。